使用カメラ 1

スポンサーリンク

フィルム・カメラとディジタル・カメラ

つい最近(2015年4月)まで殆どフィルムカメラを使っていました。

フィルムで撮ってフィルム・スキャナで取り込んでいました。

ディジタル化に逆らっていた訳ではなく、フィルムに色々利点があったからです。

フィルムのメリット

  • 画質が良い。
  • 良いレンズが使える。
  • 電池の消耗が少ないのでフィルムの枚数はほぼ確実に撮影できる。
  • 冬山で寒い所でも動作する。機械式カメラはかなり低温でも使える。コンパクトカメラはあまり寒いと電池が低下して動作しなくなる。
  • 合理的理由ではないが、撮影していて楽しい。
  • 今まで持っていた機材がそのまま使える。

フィルムのデメリット

  • 撮影枚数がフィルム本数に限られる。デジカメは電池が持つ限り何枚でも撮れる。
  • 現像しないと画像が見れない。デジカメは撮影中でも画像が見れる。
  • フィルム・スキャナで取り込むのが面倒くさい。デジカメは転送するだけ。
  • フィルム・スキャナで取り込む時に画像にホコリが入る。

フィルムカメラ/光学機械とディジタルカメラ/電子機器

フィルムカメラにはスペック以上に好きになってしまう。

合理的理由無しに好き。色気を感じてしまう。

見ているだけ、触っているだけで、気持ち良い。

だけど、ディジタルカメラはそうではない。

スペックを見て合理的に選択する。

フィルム・スキャナー

フィルム・スキャナーはNikon/COOLSCAN 4 ED(廃版)を使用しています。

ScanソフトはVueScan(9.0.21) を使用しています。

イメージセンサの大きいデジカメは・・

イメージセンサの大きいデジカメは良いと思う。レンズも良さそうだし、魅力ではある。

しかし、元々フィルムカメラが「フルサイズ」だったのに、フィルムカメラを持っているのに、そういうのを買わなくてもいいや。

一眼デジカメは重過ぎる、でかすぎる・・・

フィルム・カメラ

Nikon / New FM2

Nikon New FM2

Nikon New FM2

機械式・一眼レフ

大学の時に初めて買ったカメラ。当時はFE2が高かったのでNew FM2にしたのでが、機械式というには魅力がある。

機械式カメラというのは、シャッターに電気を使っていないので電池が無くてもシャッターは動作する。電池は露出計のみに使っている。

レンズの距離合わせも絞りもシャッタースピードも手動だが、ほとんど風景しか撮影しないので、苦ではない。楽しい。

冬山で低温でもシャッターが動作する。一度、厳冬期の北アルプスでシャッターが動作しなくなった事があったが、LEICA/M6より低温に強い。

LEICA / M6

LEICA M6

LEICA M6

機械式・レンジファインダー(距離計式)

コンパクト・カメラではなくちゃんと撮りたい時はM6の出番だ。

一眼レフより小型、軽量なのと、レンズが優秀なので、結構出番が多い。

撮影していて最も気分がいいのがM6だ。

レンズの出番が多いのは35mmだ。

RICOH / GR1s (28mm)

RICHO GR1s

RICHO GR1s

レンズが凄く良い。解像度抜群、逆光に強い。

サービス判(Lサイズ)のプリントでも解像度の違いが分かる。空気感がクリアに見える。

画面に太陽が入ってもフレアが出ない。

小さくて操作性が非常に良い。T3より操作性良い。

一番出番が多いカメラ。広角レンズなので岩登り、バリエーション・ルートは必ずこれだった。

CONTAX / T3 (35mm)

CONTAX T3

CONTAX T3

レンズがいい。がプログラム撮影が絞りを開ける傾向なので、ピントが浅くなる傾向あり。

縦走にはこいつが出番が多かった。縦走は35mmがちょうどいい。

Konica / 現場監督28

沢登り専用カメラ。
防水、頑丈なので多少ぶつけてもOK
フラッシュ光量が強いので暗い沢でもちゃんと写る。
かさばるので、沢以外は持って行かなかった。

レンズ・LEICA / M

  1. 15mm SUPER WIDE HELIAR F4.5 Aspherical 2 (Voigtlander)
  2. 28mm ELMARIT F2.8
  3. 35mm SUMMICRON F2 ASPH
  4. 50mm SUMMICRON F2
  5. 90mm ELMARIT F2.8

最も使うのは35mm。逆光に強いのも好きなところ。

15mm超広角も面白い。

90mmはほとんど使った事が無い。長焦点レンズは一眼レフの方が使いやすい。

一眼レフとレンジファインダー

光学的な違いはレンズからフィルムまでの距離です。

一眼レフはミラーがレンズとフィルムの間にあるので、その分距離が長くなります。

レンジファインダーはミラーが無いので、距離が短くなります。

どういう事かというと、レンズ設計においての自由度の差になります。

広角レンズは焦点距離が短いので、レンズとフィルムの距離が近い方が設計的に無理がありません。

故にレンジファインダーは広角向き、一眼レフは望遠向き、です。

ディジタル・カメラ

OLYMPUS / μTOUGH-8000

防水、耐ショック、耐寒を理由に沢用に買ったが、起動時間が長い、画質が悪い、ので使わなくなった。

しかし最近、接写性能がいい事が分かり、接写用カメラとして使っている。

FUJIFILM / XQ2

最近(2015年4月)に買った。
起動が早い、画質が良いのでメインで使用中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA