越後三山/八海山-オカメノゾキ-中ノ岳-越後駒ヶ岳

山域/ルート
越後三山/八海山- 中ノ岳 – 駒ケ岳 – 駒ノ湯
echigo-sanzan_map_1
期日
2014年9月20日(土)~22日(月)
行程
  • 9/20 六日町 =BUS= 山口 10:00 — 10:55 八海山登山口 — 新開道 — 14:50 千本檜避難小屋泊
  • 9/21 千本檜避難小屋 5:10 — 6:15 入道岳 — 6:55 五竜岳 7:35 — 7:50 荒山 8:05 —
    9:40 出雲先手前 9:55 — 10:15 八合目 — 11:00 御月山 — 11:10 祓川 11:35 — 12:15 中ノ岳避難小屋
    — 14:05 天狗平 — 15:05 越後駒ケ岳 — 15:25 駒ノ小屋泊
  • 9/22 駒ノ小屋 5:20 — 6:35 小倉山 — 8:40 駒ノ湯温泉 — 大湯・下山
天候
  • 9/20 晴れ
  • 9/21 晴れ
  • 9/22 ガス
参加者
単独
概要、注意点
五竜岳-御月山間(オカメノゾキ)のルートは稜線が細く、両側が切れている。また滑りやすく、草に覆われて足元が見え難い箇所もあるので、危険。初心者は立入危険。
中ノ岳-駒ヶ岳間(檜廊下)は気持ちのいいルート。
八海山/稜線ルートは礫岩(ツルツルの丸っこい石が埋まっている)で滑り易い。
報告
  • 9/20
    新開道:濡れるとツルツルになる道。最上部、トラバースの鎖場。非常に滑り易く危険。岩の中のコロコロした石が滑る。
    千本檜避難小屋:水場:薬師岳方向に銃走路を少し下り、東方向の分岐を下る。樽に水が溜まっている。
  • 9/21
    入道岳の下りはツルツルで滑り易い。
    泥が固まったような岩で濡れるとツルツル滑る。
    オカメノゾキ付近は尾根が細く両側切れているので危険。
    滑ったらおしまい。鎖は有るが、足場の悪い箇所に何も無かったりする。
    下草は刈ってある。
温泉
駒ノ湯

露天風呂。水か?!と思うくらい温度が低い源泉がドバドバ湧いている。長く浸かると体が温まる。

沸かしている湯もあるので寒い時はそっちで温まれる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA