北ア/鹿島槍-唐松

山域/ルート
北ア/扇沢-鹿島槍-五竜-唐松-八方尾根
GORYUDAKE_KASHIMAYARIGATAKE_map_1
期日
2015年7月27日(月)~30日(木)
行程
  • 7/27 扇沢 12:15 — 12:30 登山口 — 13:00 八見ベンチ — 13:35 駅見岬 3:45 — 14:00 一枚岩 — 14:30 アザミ沢 — 15:10 種池山荘 15:20 — 16:05 爺ヶ岳中峰 — 16:50 冷池山荘・幕営
  • 7/28 停滞
  • 7/29 冷池山荘 5:45 — 7:05 鹿島槍南峰 7:15 — 7:40 鹿島槍北峰・キレット分岐 — キレット 8:25 — 8:35 キレット小屋 9:00 — 9:50 口ノ沢ノコル — 10:15 北尾根ノ頭 — G7 10:30 — 11:55 五竜・山頂分岐 — 五竜岳山頂往復 12:20 — 12:55 五竜山荘 13:10 — 14:55 唐松岳頂上山荘・幕営
  • 7/30 唐松岳頂上山荘 6:05 — 7:25 第三ケルン — 8:00 八方池山荘 =リフト、ゴンドラ= 八方・下山
天候
  • 7/27 曇り。夜、冷えず。夜、大雨。
  • 7/28 朝、小雨。日中、ガス、時々、陽射し有り。
  • 7/29 晴れ、時々、曇り、ガス。
  • 7/30 ガス、時々、小雨。
参加者
単独
概要、注意点
鹿島槍南峰~唐松岳の稜線は鎖場、崖のトラバース道の連続。
岩場の下りでひっかからないようにザックはコンパクトにした方が良い。
報告
  • 7/27 扇沢を昼頃、出発。気候は爽やかだが、樹林帯の中をダッシュで登ると汗が出る。
    針ノ木岳は雲の中だ。
    アザミ沢付近のトラバース道は崩壊跡でやや危険箇所だ。
    冷池、池というより水溜りか?
    冷池の幕営地は山荘より少し登った所にある。
  • 7/28 夜、大雨。朝、小雨。
    体調が良くない。心臓が痛い、苦しい。
    寝不足だとこうなる。
    天候は回復傾向だが、ガスは晴れそうにない。
    稜線上で雨に濡れて、風に吹かれると、体温が下がって危険な事になる。
    避難する場所も無さそうだし。
    まぁ、1日待てば晴れそうなので、今日は停滞にする。
    暇だが、山で何もしない日も良いもんだ。
  • 7/29 昨日、ゆっくり休んだお陰で体調が良い。絶好調!
    ただ、天候は予想より悪い。
    鹿島槍の途中でブロッケン現象に遭った。ラッキーなのか?楽しみにしていた鹿島槍からの展望も殆ど雲の中。
    遠く槍がちょっと見え、剣、五竜は雲の中。
    晴れていれば相当展望良いだろうと想像する。鹿島槍南峰の下りから「えっ?ここ下るの?」と思った程、いきなり険しくなる。鹿島槍南峰-唐松岳間は鎖場、ハシゴの連続で気を抜けないルートだ。
    これだけ長い区間、危険ルートが続くというのは北アで屈指ではないか。
    剣岳、不帰嶮のようなガッチリした岩のルートではなく、崩れやすい岩のトラバース、ザレ場、等が多い。
    キレット越えて一安心していたが、この先唐松岳まで本当に「これでもかっ!」って言う程に鎖、ハシゴが多い。キレット小屋は意外と大きく立派だ。
    口ノ沢のコルまで登ったり下ったり。登っていると思っていたが、地図上ではそうではなかった。
    口ノ沢のコル→北尾根ノ頭はたいした事ない。
    北尾根ノ頭のすぐ近くが「五竜G7」。
    先の尾根は雲の中。五竜がどのあたりか分からん。
    ここから五竜山頂までは長かった。
    五竜が見えないのでよけいそう感じる。
    五竜近くでは急登のザレ場、広い岩場、鎖場になる。
    ペイント見逃すとすぐにルート外れてしまう箇所有り。五竜山頂に着くが雲の中で展望無し。残念!
    ここの展望は楽しみだったのに~時間的に唐松岳まで十分行けそうだが先を急ぐ。
    五竜岳→五竜山荘も結構、険しい。鎖場3箇所くらい。

    白岳→唐松岳は主に登り。
    ピークをいくつか越える。
    途中から鎖場の連続になる。
    それほど厳しくないルートだが、気は抜けない。
    この辺りはこんなに鎖場があるとは思わなかったので「また鎖か~」て感じ。
    大黒岳まで歩こうと思ったら唐松山荘まで来てしまった。

    唐松山荘は人が多い。幕営地は20mくらい下った所。

  • 7/30 停滞しなければ計画では白馬岳→白馬大池→栂池に行くつもりだったが、八方尾根を下る。唐松山荘でカッパを着たがすぐに雨が弱くなったので脱いだ。
    展望無し。晴れていれば白馬岳の方が見えて良いんだけどな~。
    危険箇所無し。
    八方池山荘からは人が続々登ってくる。
温泉
八方温泉
強アルカリ温泉。お肌ツルツル。通りすがりのホテルのお風呂。9:00前だったが開けてくれた。
その他
ザック重量(出発時):19.8kg(水2Lを含む)→行動食が多すぎた。
白馬八方バスターミナルは国道沿いではないので注意。
ゴンドラ降りて街中を歩くとバス停への看板があるので、その通り歩けば良い。

2015-07_北ア・扇沢-冷池

2015-07_北ア・冷池-鹿島槍

2015-07_北ア・鹿島槍-キレット

2015-07_北ア・キレット-五竜

2015-07_北ア・五竜-唐松

2015-07_北ア・唐松-八方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク