谷川岳/土樽-吾策新道-谷川岳-茂倉新道-土樽 (1/2)

スポンサーリンク

概要

山域/ルート
谷川岳/土樽-吾策新道-谷川岳-茂倉新道-土樽
tanigawa-dake_03
期日
2015年10月10日(土),11日(日)
行程
  • 10/9 藤沢 =関越道= 湯沢 === 土樽駅・車中泊
  • 10/10 土樽付近 6:30 — 7:15 吾策新道入口 — 吾策新道 — 9:00 大ベタテノ頭 — 9:30 井戸小屋沢ノ頭 — 10:20 万太郎山分岐 — 10:50 大障子ノ頭 — 11:05 大障子避難小屋 11:15 — 11:25 小障子ノ頭 — 12:00 オジカ沢ノ頭避難小屋 12:15 — 13:05 谷川岳・肩の小屋 — 13:15 谷川岳・トマノ耳 — 14:15 一ノ倉岳 — 14:35 茂倉岳 — 14:35 茂倉岳避難小屋・泊
  • 10/11 茂倉岳避難小屋 6:05 — 茂倉新道 — 6:50 矢場ノ頭 — 8:10 登山口 — 8:25 土樽・駐車場・下山
天候
  • 10/10 晴れ後曇り。稜線上、風強い。夜、風強い。小屋が唸る程。
  • 10/11 小雨。樹林帯より上は風強し。
参加者
文岳(単独)
概要、注意点
土樽-茂倉岳避難小屋間はルートが長いので注意。万太郎山付近は岩多し。
ルート中、谷川岳・肩の小屋-オキノ耳間以外は人が少なく、静かな山歩きが楽しめる。
茂倉岳避難小屋は立派な小屋で、水場も近い。
吾策新道、茂倉新道の樹林帯は紅葉が綺麗でした。心が洗われる様。
また、ブナ林が美しい。
温泉
土樽に最も近いのは岩の湯だが、営業が10:00からで未だ開いていなかった。
駒子の湯も同様に10:00営業開始。
山の湯は駐車場が満車で入れなかった。
一番のお勧めは山の湯。源泉、かけ流し。
そこで、ゆざわ健康ランドに行った。
ゆざわ健康ランド
1000円 ガーラ湯沢駅の隣。深夜仮眠ができる。

報告(1/2)

10/9

厚木から圏央道を使って関越道に行けるようになったので、すごく楽、速い。
土樽駅前に駐車する。
あまりに暗くて、これより先に行く気がしない。
駅の明かりを見るとほっとする。
駅はトイレ、登山計画書提出所がある。

10/10

アプローチ

少し先の駐車場に移動する。
関越道の下を通り、土樽PAのすぐ横を通る。
関越トンネルが目の前だ。

振り返ると足拍子のピョンとした山が見える。
途中、駐車スペースは所々に有り。
最後のゲートも数台駐車可。

吾策新道

登山口付近は杉の人工林だが、すぐに美しいブナに会える。

紅葉が美しい。心、洗われる様だ。

立ち去るのが惜しいくらいだが、先に行かないと次の景色に出会えないので、サッサと歩く。

晴れて爽快。今が一番紅葉が美しいのではないか。

道は所々、黄土のツルツル箇所有り。濡れるとツルツルに滑る。

大ベタテノ頭から展望有り。万太郎谷、茂倉新道、仙ノ倉方面、が見える。

尾根が細く、崩壊箇所有り。

井戸小屋沢ノ頭は看板の鉄枠だけが残っている。

ここからの登りの道が急登、半崩壊している。ロープがあるが、滑り易いので注意。

万太郎山付近(尾根上部)は岩がゴツゴツ多くなる。

尾根上部の紅葉も綺麗だし、万太郎谷の紅葉も綺麗。

谷川岳/土樽-吾策新道-谷川岳-茂倉新道-土樽 (2/2)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA