谷川岳/土樽-吾策新道-谷川岳-茂倉新道-土樽 (2/2)

スポンサーリンク

報告(2/2)

10/10

万太郎山-谷川岳

稜線は風が強くなってきた。

展望良し。北側は万太郎谷、南側は赤谷川が見える。

谷川岳方面はなだらかな尾根が続く。

大障子避難小屋は十分泊まれる。

オジカ沢ノ頭避難小屋は小さすぎて泊まる気しない。本当に緊急の時用だ。

オジカ沢ノ頭から尾根が細くなり、岩場が出てくる。

肩の小屋-オキノ耳間は人が多い。

カメラの電池が切れて、写真撮れなくなってしまった。

これ程良い景色なら、フィルム・カメラも持って来れば良かった。

LEICA / M6にポジ・フィルム。

谷川岳-茂倉岳避難小屋

一ノ倉岳手前は急登。

一ノ倉岳避難小屋は緊急用で泊まる気しない。

茂倉岳避難小屋は立派な小屋だ。

水場は小屋から1分。水量は少ない。チョロチョロ。

トイが壊れているので、水汲むのに小さい容器、ペットボトル等が要る。

夜は冷えたが、水が凍る程ではない。

10/11

昨夜は風が唸っていた。

朝も風が強い。小雨。

明るくなるのを待って判断する。

計画では武能岳、蓬峠、蓬新道を通って土樽に下りようと思っていたが、天候が悪いので、最短距離の茂倉新道を下りる事にする。

風は強いが行動できない程ではないし、樹林帯までのガマンだ。

矢場ノ頭付近から大きな樹が多く、根が道に出ている。

雨に濡れた紅葉も美しい。

尾根の下部はブナが美しい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA