2016年3月 奥多摩/雲取山(丹波-サオラ峠-雲取山-鴨沢)

スポンサーリンク

概要

山域/ルート
奥多摩/雲取山
(丹波→サオラ峠→三条の湯→雲取山→鴨沢)
KUMOTORIYAMA_1a
期日
2016年3月20日(日)、21日(月)
行程
  • 3/20 奥多摩 8:35 =bus= 丹波 9:45 — 11:35 サオラ峠 11:55 — 13:35 三条の湯 13:45 — 15:40 三条ダルミ — 16:20 雲取山避難小屋・泊
  • 3/21 雲取山避難小屋 5:40 — 6:50 ブナ坂分岐 — 七ツ石山小屋 — 7:55 堂所 — 9:20 鴨沢・下山 =bus= 奥多摩
天候
  • 3/20 朝、晴れ。昼頃から曇り時々小雨。夕方から小雪。
  • 3/21 早朝、小雪。山頂付近、積雪3cm位。8時頃から曇り。
参加者
文岳(単独)
概要、注意点
  • 丹波-サオラ峠へは電気柵を開けて畑の中を通る。

    2016-03_okutama_0004

    電気柵を通る

  • 丹波バス停、トイレ有り。
    2016-03_okutama_0101
  • 丹波-サオラ峠は急登、トラバース、足場の悪い個所有り。
  • サオラ峠-三条の湯間は高低差少ない。トラバース的。大きな沢(御岳沢、カンバ谷)を2つ通る。
  • 水場:三条の湯、水無尾根下部

    2016-03_okutama_0053

    水無尾根下部の水場

  • 三条ダルミ-雲取山間は急登。
    尾根は広め、足場は安定しているので歩き易い。
    2016-03_okutama_0068
  • 雲取山山頂付近は一週間前位の積雪30cm位。
  • 丹波-雲取山のルートは全体的に足場悪い個所(トラバース道でステップが傾いている)多い。また道幅が狭い。
    2016-03_okutama_0051
  • 通行人少ない。静かで好い。
温泉
もえぎの湯 アルカリ性で肌、ツルツル。

画像

報告

3/20

奥多摩からバスに乗り丹波へ向かう。ほとんどの乗客は鴨沢、お祭で下車した。

丹波付近は電気柵の畑の道を行く。そして電気柵の戸を開け畑の中を通り登山道に入る。

道標があるが、電気柵の中に入るとは思わず、通り過ぎてしまったが畑作業の方に教えてもらった。

サオラ峠へ道は急登で上部はトラバース。

樹林帯を丹波の村を見ながらつづら折れの道を登る。

南斜面なので暖かい。

トラバース道はステップが傾てスリリングな個所有り。

サオラ峠は広い場所なので休憩した。

ここから三条の湯までは高低差はあまりなく、トラバース的な道だ。

日が当らない個所は雪が残っている。

カンバ谷にはワサビ田の跡が有った。

三条の湯で休憩。幕営地は少し下った所。

今度は三条の湯の温泉に入る計画で来たい。

お祭→後山林道→三条の湯なら温泉に入れると思う。このルートで来る人が多いようだ。

三条の湯-三条ダルミは徐々に高度を上げてゆく。

三条ダルミ-雲取山は急登だ。雪が30cm位残っている。

雲取山避難小屋は16:20着。小雪が舞ってきた。

小屋内は7人位いた。

夜は春秋用シュラフで寒くなかった。

3/21

小屋の外は雪景色だった。山頂付近は積雪3cm位。

鴨沢までの道は不安個所が無く、安心して歩ける。

鴨沢には梅が咲いていた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA