2017年1月 丹沢/宮ケ瀬-丹沢山

スポンサーリンク

概要

山域/ルート
丹沢/宮ケ瀬→丹沢山→塔ノ岳→大倉
期日
2017年1月28日(土)
行程
本厚木 6:55 =bus= 7:40 三叉路 — 登山口 7:57 — 11:40 円山木野頭 — 12:47 丹沢山 — 13:55 塔ノ岳 — 15:40 大倉・下山 =bus= 渋沢
天候
晴れ。暖かい
参加者
文岳(単独)
概要、注意点
  • 本間ノ頭付近から積雪ひざ下位。トレースあるがたまにもぐる。
  • 御殿森ノ頭付近、北面ルートの道は凍ってたので軽アイゼン使用
  • 危険個所は特に無し。
  • 夏は宮ケ瀬付近、堂平付近に蛭多発。落葉の下に潜んでいる。
  • 太礼ノ頭→丹沢山付近はブナ林が美しい。
  • 全体的に樹林帯で葉がある時期(冬以外)は展望あまりなし。
温泉
さざんか 東海大学前駅徒歩5分。強アルカリ性(ph9.1)

画像

報告

夏は蛭ルートで行く気しないけど、冬ならOK、という訳で宮ケ瀬→丹沢山に行ってきました。

昔、夏に行った時は車道脇の落葉の中に蛭がいた。

三叉路バス停で降りたのは自分の他に登山者1名。すぐ見えなくなったが先行していた。

登山口付近は雪無し。樹林帯を歩く。木は多いが冬なので葉がなく見通しが良い。

御殿森ノ頭付近の北面ルートの道は凍ってたので軽アイゼンを使った。が、アルミ橋で脱いだ。

昔、来た時は崩壊地迂回の長い橋があったけど、今は無かった。

本間ノ頭付近で一気に展望が開け、丹沢山方面が見えてくる。が、結構遠かった。

こっちからの丹沢の景色は見慣れていないので新鮮だった。

結構、山深い。

本間ノ頭で人に会った以外は同方向の人に会わなかった。踏み跡からすると先行者がもう一人いるようだった。

丸みのある樹林帯の尾根を行く。白い雪と青い空が気持ち良い。

ブナの大樹も美しい。

丹沢山、到着。人が多い。天気もいい。

ここからは人も多く、よく来るルートなのでお気軽モード。

ルート全体的には「ロング・ルート」だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA