2018年12月 南ア/仙丈ヶ岳

スポンサーリンク

概要

山域/ルート
南ア/仙丈ヶ岳(戸台・往復)
期日
2018年12月30日(日)-2019年1月1日(火)
行程
  • 12/30
    戸台駐車場 7:55 — 10:30 赤河原分岐(丹渓山荘跡) — 12:50 長衛小屋・幕営
  • 12/31
    長衛小屋 6:05 — 7:45 大滝ノ頭・五合目 — 8:50 小仙丈ヶ岳 — 9:55 仙丈ヶ岳 — 12:25 長衛小屋
  • 1/1
    長衛小屋 6:16 — 7:55 赤河原分岐(丹渓山荘跡) — 9:55 戸台駐車場・下山
天候
  • 12/30:曇り。戸台駐車場付近、雪無し。上空は風有り。夜、冷える。(寒波)
  • 12/31:晴れ。風弱し。仙丈ヶ岳山頂付近、風無し。夜、冷える。(12/30程ではない。)
  • 1/1:晴れ。
参加者
中西、文岳(2名)
概要、注意点
  • 長衛小屋、こもれび山荘は年末年始のみ営業している。
  • 長衛小屋・幕営地に冬でも使える水場あり。
  • 以前、戸台川沿いの道は渡渉が3回位あったが、右岸に巻き道が出来て渡渉無しで行けた。
温泉
信州高遠温泉 さくらの湯 弱アルカリ性でよく温まる~。高遠市街地にあり

画像

報告

12/30

戸台駐車場は満車に近い状態。

今年1月に鋸岳に来た時はそこそこ雪があったが、今は雪がまるで無い。

以前来た時(2017年2月 南ア/仙丈岳(大滝ノ頭撤退))は雪深く、ラッセルしまくりだった。

最近、11月に来た時(2018年11月 南ア/鋸岳)は自分達の車しかなかった。

戸台川沿いの道は渡渉が3,4回あったが、右岸に巻き道が作られて渡渉無しで行けた。

渡渉が無いのはとても良い。

戸台川沿いの水平道を行く。丸太橋を渡ると丹渓山荘跡はすぐだ。

丹渓山荘跡から山道に入る。

沢を越えると八丁坂という急登が続く。

次は広く平らな樹林帯。この辺から雪が少しずつ出てくる。

樹林帯の登りの辺りはすっかり雪。

踏み固められて凍った個所があるので上部でアイゼン装着した。

しかし、アイゼンは大げさで歩き難い。チェーン・スパイクが使いやすいと思う。

北沢峠から少し下った所に長衛小屋・幕営地がある。

広い幕営地だ。

整地するために雪を掘るとすぐに地面が出てしまった。

積雪は10~20cm位。

早めに着いたが、まづは乾杯、そして鍋料理。

水場が使えるのがありがたい。

夜は非常に冷えた。

12/31

今日は仙丈ヶ岳、アタック!

出発時(6:00)は未だ暗く、ヘッドランプを点けて北沢峠へ向かう。

すぐ近くに2合目へ行く道(トラバース的)もあるが、北沢峠(尾根沿い)から行ってみる。

樹林帯の中を夏道沿いに行く。

雪が踏み固められた道。

樹林帯は五合目の少し上までなので、樹林帯で風対策、アイゼン装着の身支度をする。

樹林帯を抜けると小仙丈ヶ岳が見えてくる。

風はあまり無い。

風が一番の心配事だった。

景色良し。甲斐駒ケ岳、鋸岳、八ヶ岳、富士山、北岳、等よく見える。

小仙丈ヶ岳から先は一部細い尾根があるが、危険ではない。

小仙丈ヶ岳から仙丈ヶ岳までが遠く感じた。

稜線上は所々、岩が出ている。

仙丈ヶ岳・頂上からの展望は最高!

北アルプス、中央アルプス、塩見岳方面、甲斐駒ケ岳・・・

山頂には数人おり、登ってくる人もいる。

風無し。

少し休憩できた。

風があって休憩なんてできないと思っていたのでラッキーだった。

下りは二合目から長衛小屋へ行く道を行った。

トラバース的でアップダウンの無い素直な道だった。

1/1

暗いうちからヘッドランプで歩く。

道は雪が凍って滑りやすい個所があるがツボ足で行く。

河原歩きはかったるい。

夏はバスが北沢峠まで行っているので、川沿いのルートは行く人はほぼ居なさそう。

川は所々、凍っている。

4時間程で戸台川・駐車場に戻った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください