登山靴・トランゴタワー

LA SPORTIVA / トランゴタワーGTX

これまで

今までトランゴ S エボ GTXを使っていた。

しかし、ソールがすり減ってきた。特につま先付近。

 

結構、気に入って使っていた。

レポートは以前、書いた記事:登山靴・トランゴSエボをご覧ください。

トランゴタワーはトランゴSエボの進化型。

評価

2019年9月 越後駒ケ岳で初使用。1泊小屋泊りだが実はテントも持って行った。

履いた感じは正にトランゴSエボの進化形。軽いし、グリップがいい。

この靴の最大の特徴はパワーロスの無い感覚だ。

足の力をダイレクトに地面に伝えている感覚。

足裏感も良い。

それに軽い!

横方向の力の伝わり方もダイレクト感(ロス無し感)がある。

で、この感じは初めてトランゴSエボを履いた時も思ったが、トランゴタワーでも改めてその特徴を感じた。
新品だからか?とも思うが性能が同じ方向に進化しているという事だろう。

 

どういう状況向きか?

この靴が威力を発揮するのは泊りの荷物で岩っぽいルートを行く時だろう。

特に岩場でのグリップは抜群だ。

トランゴSエボで前穂北尾根に荷物背負って行った時は調子良く行けた。

また、エッジが効くので雪、少し凍った道も行ける。雪深い所は無理。

お店の人が言うには

トランゴタワーはトランゴSエボと比較して性能UPしているが、ソールはすり減り易い(その分グリップ性能が上がっている)との事だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください