シェルター:エマージェンシー・ドーム

初めに

e-dome_0001a

シェルター、テントとツエルトの間の様な存在。

エマージェンシー・ドームは軽量(合計:740g、本体:370g、ポール:370g)なシェルターです。

ポールをクロスして建てるので自立式です。

北ア/白馬岳で使ってみた

準備

張り綱(ダイマーニ Φ2mm)は自分で着けました。

防水性

北ア/栂池(2016年4月)に幕営し、夕方~朝まで断続的に雨に降られました。

ベンチレーターから雨漏りし、シェルター内が池になりました。

中でヤッケ着ていないとダメ。

シュラフカバーで防水できたので、体は濡れなかったが、色々びしょ濡れになった。

ベンチレーターが凹むのでそこに水が溜り、ダ~と流れ込んで来る。

防風性

今回は強風に会わなかったが、風には弱そうだ。

テントの様に弛み無くパシッと張れない。

弛みが出てしまうので、これが風にパタパタしてしまいそうだ。

まとめ

元々シェルターは防水性、防風性も完璧ではない。

天候が良ければ問題無し。

また、降雪なら防水性は問題にならないので、積雪期ならいいと思う。

[追加]と、思ったが、多分、ベンチレータに雪が溜り、融けた雪がポタポタ滴ってくると思う。布地の繋ぎ目の防水性の無いのは大して問題にならないと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA