雪崩リリース機能付・ピッケル・バンド

スポンサーリンク

はじめに

リーシュとは別の落下防止用のピッケル・バンド、落下防止が必要な状況もあります。

従来のデメリットである「雪崩に埋まった時にピッケルが引っ掛かる」を解消した方法(強い力で分離する)にしました。

メリット

  • 落下防止になる。具体的にはハシゴ等でピッケルを手放す時、斜面で両手で作業する際にピッケルを刺す時、等。
  • あえてピッケルを落下させて歩きながら両手作業ができる。手袋をはめる等。

デメリット(従来)

  • 雪崩に埋まった後、掘り出し体を引き上げる際にピッケル・バンドが引っかかってしまう事がある。
  • 斜面滑落時にピッケルを打ち込めず、ピッケルを手放した場合、ピッケルが体に当たりケガする事がある。

改善点

  • 衝撃がかかった時にピッケルが体から切り離すようにした。
  • リーシュの延長に接続するのではなく、ヘッドに接続した事によりバンドを足て踏まないようにした。うっとうしくない。

仕様

  • 元々の目的は落下防止なので、ピッケルの落下や引っかかり等では外れない。
  • 雪崩は滑落等でピッケルに衝撃がかかった時に切り離す。
  • バンドは邪魔にならない長さ。
  • ピッケルを上方に目いっぱい伸ばせる。
  • 切り離しは自在に行える。
  • なるべくシンプルにする。

製作

材料

  • バックル 幅20mm NIFCO TSR-20
  • ロープシュリンゲ Φ3mm
  • テープシュリンゲ 幅15mm

作り方

  • ヘッドのカラビナ・ホールに8字結びで固定する。
  • バックルに8字結びで固定する。
  • テープシュリンゲにバックルを通す。
  • 完成。長さは各自調整してね!

検証

バックルの外れる強度を試しました。

構造物から吊り下げて体重を乗せて力を加えました。

  1. 1回目:そーっと乗ったが外れず。
  2. 2回目:ちょと踏み込んでみたら、外れずに破損した。

結果

強い衝撃でバックルが外れるのを予想していたが破損した。

体から切り離す事はできるのでOKとする。

しかし、実を言うと実際雪崩時に切り離しができるか検証できていない。

自分で雪崩に巻き込まれる訳にもいかないしね。

が、従来のカラビナよりずっといいと思う。

注意点としは経年劣化で強度が落ちる事です。3,4年経ったら交換をお勧めします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA