体の使い方・骨盤の傾き

骨盤の傾きをコントロールし、パワーがかかる方法を紹介します。

スポンサーリンク

やり方

  1. ヘソの下を凹ます。ドローインする。
  2. 仙骨を締める。骨盤を回す様に引く。

以上ですが、イメージとしては「大きな球をへその下と両腕で抱える様にする。」感じです。
結果的に脊柱のS字の曲がりが少なくなり、C字の様になります。
猫背に見えますが猫背の様にダラっとした感じではなく、グっと張る感じです。

骨盤だけ引くのはうまくいきません。腹を引く(ドローイン)してからでないとパワーがかかりません。

backbone  sji2

効果

  • 登る足の力が入りやすくなる。ギアがグッかかる様。
  • 背中がロックされる様。
  • 背骨(脊椎)のカーブがS字からC字になります。
  • 上半身+下半身の結合が強化され、安定する。
  • 重心が後ろ(踵側)にズレる。
  • 急斜面の下りの時のへっぴり腰(腰が引ける)の逆動作。急斜面の下りにやれば、体勢が安定する。

他のスポーツでは

他のスポーツでも骨盤の傾きによってパワーを引き出す方法をやっています。

  • 自転車、ロードバイク:乗る姿勢で「骨盤を立てる」
  • 太極拳:第一式、起勢(チーシー)
  • 気功:站椿(たんとう)

それで

ここまで書いてなんですが、登山している多くの人は無意識にこの事をやっていると思います。(自分がそうだった。登りも下りもやっていた。)
でも意識的にできれば、パワーをかけたい時にやる事ができます。

初心者で無意識のうちにへっぴり腰になっているのに気付いたら、これを思い出して欲しいです。

しかし、なぜパワーがかかる様になるのか分かりません。

参考図書:

仙骨姿勢講座/吉田始史著/BABジャパン

骨盤メソッド/手塚一志/山と渓谷社

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA